駄菓子売り場

週一更新を目標に

 

轟く侵略レッドムーン 

ukri.jpg

そろそろ新弾も発売されるし、レッドゾーンについて・・・ではなく、今日は趣向を変えてじゃがいもであるレッドムーンのことについて書きたいと思います。「こいつ誤字しとるやん!叩いたろ!」と思ってブログ開いた方。残念でした。


僕はまだ食べたことないんですけど、超実力派のじゃがいもらしいんでゆーたらまぁレッドゾーンみたいなもんじゃないですか?一文字違うだけだしワイルドベジーズが殴れば侵略できそう。




■そもそもレッドムーンとは
1988(昭和63)年に品種登録に出願され、1991(平成3)年に登録。出願時の名称は「レッド エコー」だったそうです。
イモの皮が赤く、肉質は粘質のイモで外見から、紅メークィンとも呼ばれています。
品種の特性上大規模性産には不向きで、小規模の農園や家庭菜園向きの品種となっています。その為、市場に出回る量は多くはありません。僕自身この名前を聞いたのは初めてなんですけど、僕が生まれるよりも前に存在していた品種なんですね。食ってみたい。


■特徴
レッドムーンの形はメークインのような楕円形で表面も同じように比較的つるっとしています。大きな違いはその色で、皮がサツマイモのような赤い色をしています。
肉質は黄色く、デンプン価が低い粘質で煮崩れや黒く変色しにくいイモです。


■適した料理
レッドムーンは粘性が高く少々煮込んでも煮崩れしにくいので、肉じゃがをはじめシチューやカレーなどにも適しています。その他、炒め物でも崩れにくいので綺麗に仕上がります。
ほんのりと甘味もあり、肉色も黄色いので、ポタージュにしても舌触りが滑らかで美味しいらしい。うまそう。



料理も気になったので大正義クックパッドで調べてみると以外に17件もヒットしたので、僕が気になったものをいくつか紹介します。

《十勝産じゃがいものすぃ~となポテトけぇき》
載ってたレシピの中で一番うまそうな料理。現レッドムーン環境のトップメタか。
ケーキというわりには作業工程、必要な材料も少なく、なおかつ簡単なので誕生日プレゼントにもなりえるか。


《じゃが芋のクリームスープ(レッドムーン)》
僕はビシソワーズ結構好きなんで、個人的につくってみたい。
こちらも作業工程が少なく簡単なので、食卓になにか一品添えたいときに活躍しそう。


《チキンとポテトの塩トマトマスタードグリル》
なんといってもそのレシピの写真。お前それこじゃれたレストランで出てきたやつちゃうんかと言いたくなるようなおいしそうな見た目。これが作れるようになれば女の子もイチコロだ。ご飯にめっちゃ合いそう。



どの料理もめっちゃ食欲をそそられたんで、いつかつくってみたいと思います。今回のレッドムーンの紹介の部分はこちらから全部引っ張りました。



ほんとに最初から最後までじゃがいもの紹介してたんで驚いたと思います。レッドゾーンについては公式の動画見た感じ充分強いカードで普通に環境にも入ってくるんじゃないかなーと。これからはパックを剥いたときやデュエル中にレッドゾーンが出てきたときにはこのブログのことが嫌でも思い出すのではと考えるとうけますね。


DMPのブログでじゃがいもについて更新したのは後にも先にも僕だけだと思います。でもこういう挑戦的な姿勢が新たな社会、また新たなデュエルマスターズを切り開いていくことにつながると思うので、みなさんもぜひいろいろなことに挑戦してみてください。深そうなこと書いてるけど実際はじゃがいも紹介しただけです。うける。


次は(次も?)ちゃんとブログを更新したいと思イモす。イモだけに。



このギャグの面白さは酸いも甘いも噛み分けた人間にしかわからないと思います。イモだけに。うけない。
スポンサーサイト

category: じゃがいも

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://popopopongashi.blog130.fc2.com/tb.php/538-4698eeaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

ツイッター

リンク

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード